日本語で読めるインドニュース 『インド新聞』

04/21/2011 06:53 AM

 20日付のファイナンシャル・エクスプレス紙(6面)によると、インド企業の平均年棒は48万ルピーだという。プライスウォーターハウス・クーパーズ(PwC)が、異業種の37社に調査した報告書によるもので、平均年棒48万ルピーに対し、1人の従業員の年間営業利益は60万ルピー。企業は100ルピーの収入のうち15ルピーは純利益として計上できるという。

 1人の従業員にかける人事トレーニング費用は年間7千ルピー。平均月給は2万5,500ルピーだが、日用消費財業界は平均額の2倍、人事費用かかるという。新卒入社の数が一番多いのはIT業界で、勤続年数が高いのはエンジニア業、製造業だという。

04/20/2011


この記事へのトラックバックURL:

http://indonews.jp/mt/mt-tb.cgi/17473

トラックバック一覧(0)