日本語で読めるインドニュース 『インド新聞』

03/28/2011 06:58 AM

 25日付のビジネス・ライン紙(1面)によると、インド・ソフトウェア・サービス協会は、印IT企業が東北地方太平洋沖地震の被災者を、インドで受け入れる体制があると発表した。

 ソム・ミッタル会長は、「インド人の日本駐在員には帰国を提案しているが、同様の提案を日本人従業員にも行う。具体的な人数は決まっていないが、受け入れる体制はある」と話している。印IT業界による日本からのサービス輸入は全体の2%程で、震災による事業損失はそれほど多くないという。

03/25/2011


この記事へのトラックバックURL:

http://indonews.jp/mt/mt-tb.cgi/17273

トラックバック一覧(0)