日本語で読めるインドニュース 『インド新聞』

03/23/2011 07:47 AM

 バンク・オブ・アメリカ(BOA)は16日、インドのリライアンス・インダストリーズのムケシュ・D・アンバニ会長兼マネジングディレクターを取締役候補に指名した。アンバニ氏は、2011年のバンク・オブ・アメリカの年次株主総会で取締役選挙の候補者となる。BOAのチャールズ・O・ホリデー・ジュニア会長は、 「アンバニ氏は、戦略的ビジョンと卓越した経営能力で知られ、BOA経営陣は同氏の判断力と経験により利益を期待している」とコメントした。

 アンバニ氏は、446億米ドルの年間売上高と700億米ドルを超える時価総額を誇るインド最大の民間企業リライアンス・インダストリーズを2002年から率いている。現在、リライアンスは探鉱・生産、精製・マーケティング、石油化学製品の各分野で世界的リーダーの地位にある。また、アンバニ氏は、インドの首相貿易産業委員会の委員をはじめ、印米CEOフォーラムのメンバー、日印ビジネス・リーダーズ・フォーラムの共同議長、印露CEOカウンシルのメンバー。さらに、ミレニアム開発目標の実現を支援する国連の啓蒙グループにも参加し、世界経済フォーラムのファウンデーション・ボードの委員も務めている。  

 一方BOAは、世界最大級の金融機関として、個人顧客、中小企業、大企業を対象に、銀行、投資、資産運用、その他の金融・リスク管理商品およびサービスを総合的に提供している。約5,700万の顧客に、5,800店舗を超す支店網と約1万8千台のATMでサービスを提供している。(11年3月17日、BOAの発表から)

03/22/2011


この記事へのトラックバックURL:

http://indonews.jp/mt/mt-tb.cgi/17246

トラックバック一覧(0)