日本語で読めるインドニュース 『インド新聞』

03/21/2011 07:37 AM

 安川電機は、インドのロボット販売合弁会社、MOTOMAN Motherson Robotics Limited(資本金1千万ルピー)に関し、合弁相手のSamvardhana Motherson Finance Limited(持株比率34%)および双日(同15%)が保有する全株式を買取り、2011年2月1日、安川電機の完全子会社とした。また、これに伴い11年3月5日付で同子会社名を「ヤスカワ・ロボティックス・インディア・リミティッド」に変更した。

 インドのロボット市場は、自動車を中心とした産業の好調な成長にけん引され、今後急速に発展することが見込まれる。完全子会社化は、市場の伸びに対応するため、経営の意思決定のスピードを上げることが目的。また、インド市場でのブランド力強化のため、「ヤスカワ」を新社名に反映した。今後は、10年8月に設立したインド安川電機(YASKAWA Electric India Private Limited)のモーション・コントロール製品の拡販活動と連携して競争力を強化し、事業を拡大していく方針。(11年3月18日、安川電機のニュース・リリースから)

03/18/2011


この記事へのトラックバックURL:

http://indonews.jp/mt/mt-tb.cgi/17223

トラックバック一覧(0)