日本語で読めるインドニュース 『インド新聞』

03/11/2011 10:57 AM

 日本貿易振興機構(ジェトロ)は8日、2010年度日本企業の海外事業展開に関するアンケート調査 「高まる海外事業拡大の機運」の結果を発表した。10年11月から12月にかけて、日本国内のジェトロ・メンバーズ企業3,080社を対象にアンケート方式で行われ、有効回答数1,002社、有効回答率32.5%だった。内容は、経済情勢の変化などに対する日本企業の海外事業活動の動向に関するもの。今回は、貿易の取り組みと課題、自由貿易協定(FTA)の活用、海外・国内事業展開への取り組み、中国における事業展開、アジアのビジネス環境などについて調査した。

 インドについては、注目度は高いが、ビジネス上のリスクへの懸念も多いという結果になった。ビジネス上のリスク・課題の回答比率第1位が「インフラが未整備」(64.3%)、第2位が「法制度が未整備・運用に問題あり(31.6%)、第3位が「関連産業が集積・発達していない」(28.6%)第4位が「税務上のリスク・問題あり」(23.2%)、第5位が「労務上の問題点あり」(同19.7%)などとなっている。(11年3月8日、ジェトロのプレス・リリースから)

03/10/2011


この記事へのトラックバックURL:

http://indonews.jp/mt/mt-tb.cgi/17173

トラックバック一覧(0)