日本語で読めるインドニュース 『インド新聞』

03/23/2011 07:33 AM

 22日付のファイナンシャル・エクスプレス紙(1、2面)によると、タタ・グループはインド企業として初めて、国際的な企業格付けランキングの50位にランクインした。このランキングは国際的な格付けを行っているコンサルタント企業、ブランド・ファイナンスによるもので毎年500社が選ばれ、財務状況、市場価値、株式数や顧客数などによって評価される。

 タタ・グループの企業価値は昨年度の112億米ドルから今年度は150億8千万米ドルに上がり、ランキングも昨年度の65位から15ランク上昇した。昨年度108位でインド企業としてトップのランキングだったリライアンス・グループは今回133位だった。他にもインド・ステート銀行(171位)、インド石油(232位)、バルティ・エアテル(282位)、バーラト石油(347位)、インフォシス(378位)、ICICI銀行(442位)、ウィプロ(474位)がランクインした。

 1位はグーグルで企業価値442億9千万米ドル。2位ウォルマート、3位IBM、4位マイクロソフト、5位ボーダフォンと続く。フェイスブックも285位にランクインした。ブランド・ファイナンスのデイビッド最高経営責任者は、「技術系企業の台頭が著しい一方、昨年度73位だったノキアが今年は94位など、トップ企業の入れ替わりも激しい」と話している。BRIC諸国の企業の数も多く、中国企業21社、ブラジル企業10社、インド企業9社、ロシア企業7社がランクインした。

03/22/2011


この記事へのトラックバックURL:

http://indonews.jp/mt/mt-tb.cgi/17242

トラックバック一覧(0)