日本語で読めるインドニュース 『インド新聞』

03/18/2011 07:40 AM

 トヨタ自動車のインドにおける車両生産・販売会社であるトヨタ・キルロスカ・モーターズ(TKM)は16日に、年間生産能力を大幅に増強すると発表した。「カローラ・アルティス」「イノーバ」、「フォーチュナー」を製造するTKM第1工場の年産能力は現在、8万台。これを2011年第3四半期に9万台へと引き上げる。

 一方、10年12月から新車「エティオス」の製造を開始した第2工場の年産能力は、現在のところ7万台である。これを、12年第2四半期までに12万台へと引き上げる。「エティオス」の増産(11年6月からの「エティオス・ハッチバック」車含む)と、第1工場からの「カローラ・アルティス」生産シフト(2万台)に対応するためである。これにより、第1工場と第2工場を合わせたTKMの年産能力は現行の15万台から21万台へと40%引き上げられる。(11年3月16日、TKMの発表から)

03/17/2011


この記事へのトラックバックURL:

http://indonews.jp/mt/mt-tb.cgi/17212

トラックバック一覧(0)