日本語で読めるインドニュース 『インド新聞』

03/24/2011 01:56 AM

 ホンダは22日、インドの持分法適用関連会社のヒーロー・ホンダ・モーターズ・リミテッド(HHML)の合弁パートナー、バハドゥール・チャンド・インベストメントおよびヒーロー・インベストメンツとの合弁事業を解消した。2010年12月16日開催の取締役会で、ホンダは保有のHHML株式を売却することを決議し、11年1月22日に株式譲渡契約、および新たなライセンス契約を締結していた。この契約に基づき、このほど全株式を合弁パートナーへ譲渡した。

 これにより、本田技研工業は11年3月期の個別財務諸表で合弁解消に伴う利益として1,122億円を特別利益に計上する。こでには、株式譲渡とライセンス契約締結による利益が含まれる。なお、連結財務諸表における、当該事象による利益への影響は、税引き前利益で約800億円となる見込み。(11年3月23日、本田技研工業の発表から)

03/23/2011


この記事へのトラックバックURL:

http://indonews.jp/mt/mt-tb.cgi/17256

トラックバック一覧(0)