日本語で読めるインドニュース 『インド新聞』

02/10/2011 07:35 AM

 インド日本商工会(JCCII)建議書推進委員会の山口委員長は4日、インド商工省のタリーン・クマール工業局長に対し、日本企業のインド進出に際してのビジネス環境改善を求めるため、対インド政府建議書(JCCII渡辺会長名、インド商工省R.P.シン次官宛て)を提出した。インド日本商工会が対インド政府建議書を提出するのは、昨年、一昨年に続き3回目。

 今回の建議書は、12章(税制、査証、インフラ、Road Permit、e-Waste、土地取得、社会保障協定、社会保障準備基金の払戻し規制、物流、金融、Press Note 1、政府調達時のBill of Entry提出義務)で構成し、39項目を取り上げている。デリー以外のインド各地の日本商工会からも意見を吸い上げ、インフラについてチェンナイ・バンガロール関係、ナバシェバ港など具体的に踏み込んで提言している。JCCIIでは今後も毎年、建議書を提出する考えだという。(11年2月4日、在インド日本国大使館の発表から)

02/09/2011


この記事へのトラックバックURL:

http://indonews.jp/mt/mt-tb.cgi/16983

トラックバック一覧(0)