日本語で読めるインドニュース 『インド新聞』

02/24/2011 07:41 AM

 インド電気通信管理庁(TRAI)の発表によると, 2010年12月末現在の携帯電話加入総件数は前月(10年11月)末比2,262万件、率にして3.1%増の7億5,219万件に達した。この結果、携帯電話の普及率は63.22%となり、09年12月末時点の44.73%から大幅に上昇した。携帯電話の加入総件数は前年同月比では43.2%と大幅に増加している。

 事業者別の携帯加入件数は、トップがバルティ・エアテルの1億5,250万件。以下、リライアンス・コミュニケーションズの1億2,565万件、ボーダフォン・エッサーの1億2,426万件、BNSLの8,671万件、タタ・コミュニケーションズの8,423万件、アイデア・セルラーの8,178万件などと続く。

 一方、10年12月末時点の固定回線電話加入総件数は前月末比0.3%減の3,509万件であった。結果として、固定回線電話の普及率は2.95%となり、09年末の3.16%からさらに低下した。

 以上から、両者を合計した12月末の電話加入総件数は前月末比2.95%増の7億8,728万件となった。電話普及率は66.16%に達し、09年末の47.89%から一段と上昇した。

 なお、12月末のブロードバンド加入件数は1,092万件で,前月末の1,071万件から1.88%、09年12月末の783万件から39.5%増加した。(TRAIのウェブサイトなどから)

02/23/2011


この記事へのトラックバックURL:

http://indonews.jp/mt/mt-tb.cgi/17071

トラックバック一覧(0)