日本語で読めるインドニュース 『インド新聞』

02/15/2011 07:17 AM

 国際機関APO(アジア生産性機構)は10-12 日、インドのニューデリーで、環境配慮型製品・サービスの国際環境展示会「第7 回エコプロダクツ国際展」を開催した。インド商工省・産業政策推進局、インド生産性本部およびインド工業連盟(CII)との共催。会期中、インドや日本のほか、各国の企業・団体が200以上参加した。

 同展は、アジア・太平洋地域における最大級の国際環境展示会で、今回のテーマは「緑の生産性†持続可能なエネルギー・環境を目指して」。最新技術を使ったエコプロダクツやサービス、企業の社会的責任(CSR)の取り組みなどを紹介した。また、最新の環境技術・製品・サービスを展示する国際展に加え、アジア太平洋の環境問題に係る国際会議も開かれた。今回の展示会はCII が主催するインド国際産業?技術展(IETF2011)と同時開催だった。

 日本の産業界・学会からは、三井住友銀行の北山禎介取締役会長、帝人の山岸†顧問役技監、国際協力銀行(JBIC)の本郷尚環境ビジネス支援室長、APOの山崎†一郎事務総長などが、環境問題セッションに参加した。次回、2012年はシンガポールで開催予定。(11年2月14日、インド商工省の発表、アジア生産性機構資料などから)

02/14/2011


この記事へのトラックバックURL:

http://indonews.jp/mt/mt-tb.cgi/17008

トラックバック一覧(0)