日本語で読めるインドニュース 『インド新聞』

01/11/2011 04:45 AM

 2010年1月にスタートしたインド政府の外国人観光客誘致促進計画の1つ、「到着ビザ(VOA)」スキーム(対象:日本、フィンランド、ルクセンブルグ、ニュージーランド、シンガポールの国民)のに基づいて発行された到着ビザは、2010年通年で合計6,549件だった。トップはニュージーランド人で1,944件、2位はシンガポール人の1,814件、3位は日本人の1,457件、4位はフィンランド人の1,263件、5位はルクセンブルグ人の71件だった。空港別では、トップがデリー空港(3,493件)、次いでムンバイ空港(1,511件)、チェンナイ空港(1,211件)、コルカタ空港(334件)となっている。

 また、12月単月のVOA発行数は905件。内訳は、ニュージーランド人が340件、日本人が216件、シンガポール人が191件、フィンランド人が140件、ルクセンブルク人が18件。(11年1月7日、インド観光省の発表から)

01/10/2011


この記事へのトラックバックURL:

http://indonews.jp/mt/mt-tb.cgi/16756

トラックバック一覧(0)