日本語で読めるインドニュース 『インド新聞』

01/06/2011 07:37 AM

 5日付のエコノミック・タイムズ紙(4面)によると、2011年、インドの自動車市場に50以上の新モデルが投入される。小型車市場は現在、マルチ・スズキの「スイフト」、フォードの「フィーゴ」の売り上げが好調で、対抗車としてホンダは「ブリオ」(販売予定価格:45万-60万ルピー)、BMWは「ミニ」(240万ルピー)を発売予定。マルチ・スズキは高級車市場開拓のため高級セダン「キザシ」(160万-180万ルピー)を、メルセデスはリムジン「マイバッハ」(6千万ルピー)を発売予定だ。コンサルタント会社TNSの自動車アナリスト、サクセナ氏は「10年の市場成長率は30%で、11年はさらなる成長が期待できる」と話している。

 中でも、ディーゼル仕様車の売り上げが好調だ。マルチ・スズキはセダン「SX4」、ヒュンダイは「i10」、GMは「ビート」のディーゼル仕様車を発売する。

 市場競争が激化する中、各自動車メーカーは11年も新車種、新オプション開発を強化するもようだ。

1/5/2010


この記事へのトラックバックURL:

http://indonews.jp/mt/mt-tb.cgi/16724

トラックバック一覧(0)