日本語で読めるインドニュース 『インド新聞』

09/10/2010 06:16 AM

 国際自動車連盟(FIA)は8日、来季(2011年)のフォーミュラー1(F1)シリーズの日程を発表した。来季は3月13日決勝のバーレーン・グランプリ(GP)で開幕し、11月27日決勝のブラジルGPで幕を閉じる。合計20戦で、今季の19戦より増加、史上最多となる。1戦増加するのは、インドGPが新たに加わるため。インドGPは、ニューデリー近郊のサーキットが認定されるという条件で、第18戦として組み込まれ、10月30日が決勝となる予定。

 日本GPは10月9日決勝の第16戦に組み込まれている。このほかアジアでは、第3戦にマレーシアGP(4月10日決勝)、第4戦に中国GP(4月17日決勝)、第15戦にシンガポールGP(9月25日決勝)、第17戦に韓国GP(10月16日決勝)が組み込まれている。(10年9月8日、FIAのプレス・リリースから)

09/10/2010


この記事へのトラックバックURL:

http://indonews.jp/mt/mt-tb.cgi/15961

トラックバック一覧(0)