日本語で読めるインドニュース 『インド新聞』

09/08/2010 02:03 AM

 インド財務省発表によると、2010年度 5カ月間(4-8月)の直接税徴収額は前年同期比13.91%増の1兆11億2千万ルピーだった。そのうち、法人所得税の徴収額は同17.05%増の5,775億7千万ルピー、個人所得税の徴収額は同9.68%増の4,221億7千万ルピー。

 個人所得税の徴収の伸びが最も高かったのは、パトナ地域(ビハール州†ジャルカンド州)の同90.16%増。以下、ラクナウ地域(ウッタルプラデシュ州東部)の同69.56%増、グワハティ地域(北東部)の同47.78%増など。法人所得税の伸びが最も高かったのは、ボーパル地域(マディヤプラデシュ州†チャティスガル州)の同182.25%増。次いでデリー地域の同62.62%増、ナグプル地域の同60.71%増、プネー地域(マハラシュトラ州)の同51.85%増などとなっている。(10年9月6日、インド財務省発表から)

09/07/2010


この記事へのトラックバックURL:

http://indonews.jp/mt/mt-tb.cgi/15948

トラックバック一覧(0)