日本語で読めるインドニュース 『インド新聞』

09/14/2010 09:52 AM

 10日付のファイナンシャル・エクスプレス紙(4面)によると、インド自動車工業会(SIAM)は、2010年8月の乗用車の販売台数が前年同月比33%増の20万4,227台だったと発表した。内訳はマルチ・スズキが24%増の7万8,351台、タタ・モーターズが50%増の2万2,312台、ヒュンダイは17%増の2万8,601台だった。SIAMのマトゥール事務局長は「インド経済は依然として堅調で、購買意欲も強い。自家用車の高需要に貢献している」と話している。

 二輪車の販売台数は23%増の95万7,304台。内訳はヒーロー・ホンダが38万6,574台、バジャジ・オートが72%増の20万9,567台、TVSモーターが22%増の4万9,630台、ホンダ・モーターサイクル・アンド・スクーターズは28%増の7万4,405台だった。

 商用車は28%増の5万2,030台で内訳はタタ・モーターズが20%増の3万469台、アショク・レイランドが58%増の6,705台だった。

 総輸出台数は7%減の3万7,952台で、マトゥール事務局長は「各社が内需対応を優先しており、輸出台数が減るのは仕方のないことだ」と話している。

09/13/2010


この記事へのトラックバックURL:

http://indonews.jp/mt/mt-tb.cgi/15991

トラックバック一覧(0)