日本語で読めるインドニュース 『インド新聞』

09/21/2010 07:03 AM

 18日付のビジネス・スタンダード紙(4面)とエコノミック・タイムズ紙(7面)、ファイナンシャル・エクスプレス紙(13面)によると、15日に期限を迎えた2010年7-9月期(10-11年度第2四半期)における法人税の前払い納税額は、金額の多い方から100社の合計で2,378億ルピーとなり、1年前(09年7-9月)に比べて13%増加した。国内景気の順調な回復に伴い、10-11年度(10年4月-11年3月)の利益も堅調に拡大すると見込んでいる印企業が多いため。

 納税額が最大だったのはステートバンク・オブ・インディア(SBI)で、前年同期比5%増の192億4千万ルピー。以下は第2位:リライアンス・インダストリーズ(RIL、130億6千万ルピー、前年同期比13%増)、第3位:石油・天然ガス公社(ONGC、109億3千万ルピー、同24%増)、第4位:生命保険公社(LIC、106億7千万ルピー、同14%増)、第5位:国営鉱物開発公社(NMDC、90億ルピー、同50%増)、第6位:バーラト重電機(BHEL、74億ルピー、同6%増)、第7位:鉄鋼公社(SAIL、72億5千万ルピー、同21%減)、第8位:パンジャブ・ナショナル・バンク(PNB、65億7千万ルピー、同38%増)、第9位:インフォシス・テクノロジーズ(62億ルピー、同107%増)、第10位:ICICIバンク(60億ルピー、同20%増)とHDFCバンク(60億ルピー、同41%増)、と続いた。

 なお、6月15日に締め切られた10年4-6月期(10-11年度第1四半期)を合わせると、10年4-9月の前払い納税額は3,810億7,250万ルピー。前年同期の3,273億7千万ルピーと比較して16%増えている。

09/20/2010


この記事へのトラックバックURL:

http://indonews.jp/mt/mt-tb.cgi/16053

トラックバック一覧(0)