日本語で読めるインドニュース 『インド新聞』

08/05/2010 05:18 AM

 4日付のビジネス・ライン紙(4面)によると、2010年7月のトラック販売台数は前年同月比52.3%増の2万4,469台だった。

 インド運輸調査訓練基金(Indian Foundation of Transport Research and Training、IFTRT)によると、業界全体のトラックの生産量は減少しているものの、輸出入業、農業、製造業からの持続的な需要が続いているという。また、10年9月30日に生産中止となる排ガス基準「ユーロ2」型の駆け込み需要も大きな要因としている。IFTRT関係者は「"ユーロ3"、"ユーロ4"基準対応車は"ユーロ2"型よりも販売価格は高くなるだろう。高技術だがアフターサービスの欠陥も指摘されており、運送業者は"ユーロ2"型を買い求めている。8、9月の販売台数はさらに増えるだろう」と話している。

 販売台数が最も増加したのは30-49トンのマルチアクセル・トレーラーで85%増の2,454台。25.2-31トンのマルチアクセル・トラックは61%増の9,824台。5-7.5トンの小型トラックは30%の3,459台だった。
モンスーン時期には減少するトラックの賃貸業も7月は2-3%の成長をみせた。6月はここ3年間で最も高い6-7%の成長率だった。

08/04/2010


この記事へのトラックバックURL:

http://indonews.jp/mt/mt-tb.cgi/15673

トラックバック一覧(0)