日本語で読めるインドニュース 『インド新聞』

08/13/2010 07:07 AM

 2009年度の海産物輸出に関するインド商工省のデータによると、輸出量は合計で67万8,436トン、うち対日輸出は6万2,690トン、対米は3万3,444トン、対欧州連合(EU)は16万4,800トンだった。輸出総額は1,004億8,530万ルピー(21億3,284万米ドル)、うち対日輸出額は128億9,580万ルピー(2億7,856万米ドル)、対米は101億2,520万ルピー(2億1,352万米ドル)、対EUは301億3,330万ルピー(6億3,740万米ドル)。

 海産物輸出振興局(MPEDA)は、印海産物の新たな市場を開拓する取り組みを行っており、その一環として、主要な国際シーフード見本市に参加している。また、輸出の可能性を模索するため、定期的に貿易派遣団や公式代表団を新たな地域に送り込んでいる。09年度にインドが海産物を輸出した国は全部で99カ国。06年度の91カ国から8カ国ほど増えた。MPEDAはまた、日本とニューヨークに設置している貿易振興事務所を通じて売り手と買い手の商談が円滑に進むよう手助けをしている。(10年8月11日、インド商工省発表から)

08/12/2010


この記事へのトラックバックURL:

http://indonews.jp/mt/mt-tb.cgi/15766

トラックバック一覧(0)