日本語で読めるインドニュース 『インド新聞』

07/02/2010 05:40 AM

 6月30日付のビジネス・スタンダード紙(7面)とビジネス・ライン紙(4面)によると、シン首相は29日、外国から流入する資本に対して課税する「トービン税」の導入を否定した。海外からの直接投資、証券投資ともに管理可能な範囲内と見ているため。

 同相はカナダのトロントで開かれた主要20カ国・地域首脳会議(G20サミット)からの帰国途上、搭乗機内で記者会見し、「インドへの資本流入は直接投資と証券投資のどちらも適正な水準にあり、問題となるような段階には達していない。"トービン税"には利点があるものの、その導入が求められる状況ではない」と語った。

07/01/2010


この記事へのトラックバックURL:

http://indonews.jp/mt/mt-tb.cgi/15396

トラックバック一覧(0)