日本語で読めるインドニュース 『インド新聞』

07/21/2010 06:26 AM

 20日付のビジネス・ライン紙(1面)とビジネス・スタンダード紙(6面)、ファイナンシャル・エクスプレス紙(2面)によると、印商工省のクラール次官は19日、2010年6月の輸出額が暫定集計の段階で177億5千万米ドルとなり、1年前に当たる09年6月の約135億米ドルと比べて30.4%増加したと発表した。

 09年11月以来、8カ月連続のプラス。前年同月の水準が低かった反動で1年後の伸び率が押し上げられるという統計上の効果(いわゆる"Base Effect")に加え、日米欧など伝統的な仕向け先以外に対する出荷が拡大したためだ。商品別に見ると、機械製品(前年同月比90%増)や鉄鉱石(同80%増)、石油製品(同66%増)、化学製品(同41%増)、宝飾品(同24%増)、などがとりわけ好調に推移した。

 一方、10年6月の輸入額は283億米ドルで、前年同月比23.0%の増加。輸出額から輸入額を差し引いた同月の貿易収支は105億5千万米ドルの赤字を記録し、赤字幅は1年前の91億米ドルと比較して14億5千万米ドル、率にして15.9%拡大した。

2010/07/20


この記事へのトラックバックURL:

http://indonews.jp/mt/mt-tb.cgi/15535

トラックバック一覧(0)