日本語で読めるインドニュース 『インド新聞』

06/30/2010 06:10 AM

 シン首相は27日、カナダのトロントで開かれていた主要20カ国・地域首脳会議(G20サミット)で発言し、多くの先進諸国が同時に緊縮財政へ向かえば、景気の再後退を招くリスクがあると警告した。世界経済はまだ脆弱(ぜいじゃく)な状態にあり、民間需要は引き続き軟調と見ているため。同相は、「インフレよりもデフレの危険性がはるかに大きい。従って、確実な景気回復を最優先にしなければならず、財政拡大に伴う公的債務の膨張については、慎重な対応を取るべきだ」と語った。

 同相はまた、印経済の状況にも言及。実質国内総生産(GDP)成長率が2010-11年度(10年4月-11年3月)は同8.5%、11-12年度(11年4月-12年3月)には同9.0%に達するとの見方を示し、高成長軌道への復帰を背景として、13-14年度(13年4月-14年3月)までに財政赤字の半減を目指す意向を表明した。(政府報道情報局=PIBのウェブサイト、28日付のビジネス・スタンダード紙=16面、ビジネス・ライン紙=3面、ファイナンシャル・エクスプレス紙=2面、エコノミック・タイムズ紙=1面から)

06/29/2010


この記事へのトラックバックURL:

http://indonews.jp/mt/mt-tb.cgi/15381

トラックバック一覧(0)