日本語で読めるインドニュース 『インド新聞』

06/15/2010 07:44 PM

 オンラインホテル予約サイト世界最大手のホテルズドットコム(Hotels.com、英国)は、日本人ユーザーのサイト利用動向から、インドのゴアが5月度の検索伸び率トップだったと発表した。このランキングは、ホテルズドットコムに登録されている多くの海外の都市の注目度を、日本人ユーザーの利用動向(検索数、クリック数など)をもとに集計したもので、前月からの伸び率をランキング形式で表したもの。

 インドのゴアは、前月比363.3%増となり、唯一、前月比で300%を超えた。夏休みなど長期滞在の旅行先として注目されたと見られる。ゴアはアラビア海に面したインド西南部に位置し、多数のビーチを有するリゾート地として有名な観光都市。ゴアへの関心の高まりは、日本を含む5カ国の渡航者へ発行される「到着ビザ」制度導入の影響と考えられる。

 第2位は、ワールドカップ開催国、南アフリカのブルームフォンテーンで、前月比282.90%増。ブルームフォンテーンにあるスタジアム『フリーステートスタジアム』は、ワールドカップ日本代表が初戦でカメルーンと対戦したスタジアムで、多くの日本人ユーザーに注目されたと考えられる。

 第3位はドイツのブレーメンで前月比266.70%増。次いでスイスのルツェルンが133.8%増、フランスのエズも117.9%増とアクセス数を増やしている。昨今の円高で、欧州が身近な旅行先となっているようだ。(10年6月11日、ホテルズドットコム・ジャパン発表などから)

06/15/2010


この記事へのトラックバックURL:

http://indonews.jp/mt/mt-tb.cgi/15276

トラックバック一覧(0)