日本語で読めるインドニュース 『インド新聞』

06/11/2010 04:39 AM

 10日付のビジネス・スタンダード紙(2面)によると、2010年5月期の乗用車販売台数は09年5月期の14万1,145台と比べ、35%増の19万575台で、自動車の総販売台数は30%増の120万8,851台だった。

 インド自動車工業会(SIAM)によると、マルチ・スズキが27.2%増の9万41台、ヒュンダイ・モーターズは15.5%増の2万7,151台、タタ・モーターズは33.2%増の2万5,186台だった。フォードは「フィーゴ」の販売が好調で272%増、GMは「ビート」の売り上げがけん引し61%増だった。

 SIAMのマトゥール事務局長は「例年4-6月期は販売が伸び悩むが、10年4月は過去10年で最も販売台数が多く、5月も需要増と各社の新車種投入などで売れ行きが好調だった。しかし各社の供給能力は限界にきており、この成長はあまり長くは続かないだろう」と話している。

 2輪車の総販売台数は28.7%増の93万6,555台。ヒーロー・ホンダが13.7%増の42万5,058台、バジャジ・オートは68%増の19万1,726台、TVSモーターは27.2%増の13万6,621台だった。

06/10/2010


この記事へのトラックバックURL:

http://indonews.jp/mt/mt-tb.cgi/15233

トラックバック一覧(0)