日本語で読めるインドニュース 『インド新聞』

06/20/2010 12:46 PM

 アジア・バイオマスエネルギー協力推進オフィスによると、2008年度の全世界のバイオ燃料の生産量は、バイオエタノールが6,700万キロリットル、バイオディーゼルが1,200万キロリットルだった。07年度と比較してバイオエタノールは34%、バイオディーゼルは33%と増加した。

 生産量で世界1位は米国で、バイオエタノールが3,400万キロリットル、バイオディーゼルが200万キロリットルだった。

 アジア首位では中国がトップで、バイオエタノール190万キロリットル、バイオディーゼル10万キロリットルを生産した。2位はタイであり、バイオエタノール30万キロリットル、バイオディーゼル40万キロリットル。3位はインドでバイオエタノール30万キロリットル、バイオディーゼル2万キロリットルだった。(アジア・バイオエネルギー協力推進オフィスのウェブサイトなどから)

06/18/2010


この記事へのトラックバックURL:

http://indonews.jp/mt/mt-tb.cgi/15303

トラックバック一覧(0)