日本語で読めるインドニュース 『インド新聞』

05/10/2010 11:41 PM

 7日付のファイナンシャル・エクスプレス紙(4面)によると、インド企業が海外の学生のインターン先として注目を集めているという。タタやインフォシスなどの大企業だけでなく、中小企業も人気だ。

 インフォシスのインターンシッププログラム「インステップ」は2000年から開始され、述べ650人が参加している。タタの夏季プログラム「TAIP」は米国、欧州のビジネススクールの生徒が中心だ。両社ともに長年の実績があり、設備、制度が整っているという。

 一方、プネを拠点にIT事業を展開する「エクステンシア」は会社設立11年で、従業員数200人の中小企業。限られた資源の中で目的を達成するという、大企業とは違った環境でのインターンシップが人気だ。同社は10カ国から80人のインターン生を受け入れており、順番待ちの学生も多いという。

05/10/2010


この記事へのトラックバックURL:

http://indonews.jp/mt/mt-tb.cgi/14903

トラックバック一覧(0)