日本語で読めるインドニュース 『インド新聞』

03/10/2010 07:43 AM

 日本経済産業省は3月12-15日の4日間、インドで日本ブランド展示会「フィール・ジャパン・スタイル・イン・インディア」を開催する。

 「アジア消費トレンドマップ研究会」の実証事業の一環で、日本を代表する企業10数社が出展する。このイベントを通じて、インドにおける日本製品、ライフスタイルの受容性を探るとともに、「JAPANブランド」のインド消費市場獲得を後押しする。 出展予定企業はINAX、近江兄弟社、資生堂、東芝、トヨタ自動車、日産自動車、日清食品、パナソニック、ベネッセコーポレーション、ライオン、良品計画など。

 ムンバイのショッピングモール「ハイストリート・フェニックス」では、直接日本製品に触れることができる場を作る。展示製品はファッション、家電、省エネ関連製品、自動車、日用品など。また、バイヤー、来場者などへのインタビュー、アンケートを実施し、「日本製品」「日本ブランド」に対する消費動向調査を行う。

 12日には、ジェトロの主催で「日印小売・流通セミナー」、「ネットワーキング・レセプション」を開催し、インド進出の課題となっている小売業について、日本の小売業界代表と現地政府・業界が意見交換する。(10年3月9日、日本経済産業省発表から)

03/09/2010


この記事へのトラックバックURL:

http://indonews.jp/mt/mt-tb.cgi/14444

トラックバック一覧(0)