日本語で読めるインドニュース 『インド新聞』

03/04/2010 07:38 AM

 印政府の商工省が2日付で発表した「貿易統計」によると、2010年1月の輸出額は143億4,300万米ドルとなり、1年前に当たる09年1月と比べて11.5%増加した。3カ月連続のプラス。主力の輸出先である欧米諸国の景気回復に加え、前年同月の水準が低かった反動(いわゆる"Base Effect")も押し上げ要因として寄与した。

 一方、輸入額は前年同月比35.5%増の247億500万米ドルで、前月(09年12月)に続く増加。石油輸入額が原油価格の上昇を受け、同56.0%増の70億5,300万米ドルに達したほか、非石油輸入額も印経済の復調を背景として、同28.8%増の176億5,200万米ドルへ盛り返した。

 輸出額から輸入額を差し引いた貿易収支は103億6,200万米ドルの赤字。前年同月より50億300万米ドル、率にして93.4%増え、2カ月続けて拡大した。(商工省のウェブサイト、3日付のビジネス・スタンダード紙=6面、ビジネス・ライン紙=17面、ファイナンシャル・エクスプレス紙=2面、エコノミック・タイムズ紙=13面から)

03/03/2010


この記事へのトラックバックURL:

http://indonews.jp/mt/mt-tb.cgi/14408

トラックバック一覧(0)