日本語で読めるインドニュース 『インド新聞』

02/04/2010 07:36 AM

 金融サービス企業のマルキット社とHSBC銀行は1日、印製造企業500社を対象とした2010年1月の購買担当者指数(PMI、季節調整済)が57.6ポイントになったと発表した。

 企業活動の拡大と縮小を分ける50ポイントを10カ月連続で超過。1カ月前(09年12月)の55.6ポイントからさらに2.00ポイント上昇し、08年9月以来、1年5カ月ぶりの高水準を記録した。生産量と新規受注高が大幅に増加したほか、雇用も緩やかながら拡大したためだ。

 HSBC銀行のワンデスフォルデ上席エコノミスト(アジア経済担当)は、「今回の数字で最も明るいところは、輸出の新規受注動向を表す指数が5ポイント超も跳ね上がり、07年10月以来の高レベルへ達した点にある。これは、景気回復が国内需要だけに依存しているわけではないことの反映だ」と語っている。(マルキット社のウェブサイト、2日付のビジネス・スタンダード紙=1面から)

02/03/2010


この記事へのトラックバックURL:

http://indonews.jp/mt/mt-tb.cgi/14234

トラックバック一覧(0)