日本語で読めるインドニュース 『インド新聞』

01/20/2010 07:55 AM

 世界銀行情報センター(PIC東京)と、農業・農村開発NGO協議会(JANARD)は12日、東京都千代田区内幸町のPIC東京を会場に、「有機農業は貧困を救う-パネル展&コーヒーアワー」シリーズ第3回「インドにおける用水管理と有機農業-地球の友と歩む会/LIFE」を共同で開催した。

 今回のコーヒーアワーでは、米山敏裕・地球の友と歩む会/LIFE事務局長が、南インド・カルナタカ州で実施された貧困層を対象とする流水域開発と農業復興にともなう有機農業の取り組みについて紹介した。化学肥料が農地に与える悪影響、実際にミミズ堆肥を使った農民の声、今後の課題などの説明後、参加者と活発な意見交換が行われた。

 なお、世界銀行情報センター(PIC東京)は世界銀行の情報発信拠点。世界銀行の最新書籍・報告書の閲覧・貸出、途上国や開発課題について学べるイベントやパネル展の開催などを行っている。また、地球の友と歩む会/LIFEは、「平和な住みよい社会の創造」と「自然環境を育む」ことをめざし、インドとインドネシアで農村開発や人材育成に取り組んでいる。(世界銀行東京事務所のイベント情報から)

01/19/2010


この記事へのトラックバックURL:

http://indonews.jp/mt/mt-tb.cgi/14132

トラックバック一覧(0)