日本語で読めるインドニュース 『インド新聞』

12/11/2009 06:35 AM

 インド観光省は、治安上問題のない国からの観光客を対象に到着ビザ(現地取得ビザ)スキームの導入問題を取り上げた。その結果、日本、シンガポール、フィンランド、ニュージーランド、ルクセンブルグの5カ国からの観光客に限って、到着ビザ・スキームを試験的に導入することに決定した。試験期間は1年間。

 現在、すべての利害関係者と同スキームの実施方法を検討中で、詳細は間もなく公表される見通し。到着ビザ・スキームの導入により、これらの国からインドを訪問する観光客が大幅に増えると予想される。それに伴い、民間航空部門も一層の発展が見込まれる。(09年12月9日、インド観光省発表から)
                                             
12/10/2009


この記事へのトラックバックURL:

http://indonews.jp/mt/mt-tb.cgi/13945

トラックバック一覧(0)