日本語で読めるインドニュース 『インド新聞』

12/08/2009 04:50 AM

 5日付のビジネス・スタンダード紙(4面)とエコノミック・タイムズ紙(7面)によると、世界銀行(WB)のゼーリック総裁は4日、印実質国内総生産(GDP)成長率が2年後には世界的な金融危機の発生前と同水準に戻り、前年比8-9%へ達すると予想した。

 財政と金融の両面から講じられた対策が先進諸国の同時不況や信用収縮、食料・原油価格の変動に起因する外的ショックの影響を緩和すると見ているため。総裁はニューデリーで記者団に対し、「印成長率は今後2年間で第11次5カ年計画(2007‾12年)が目指す前年比8-9%を実現するだろう。ただし、高成長の維持にはインフラへの投資拡大が必要だ」と語った。

 また、6日付のビジネス・スタンダード紙(2面)とビジネス・ライン紙(3面)、ファイナンシャル・エクスプレス紙(3面)によれば、同総裁は5日、ドバイの信用不安は対処可能と指摘。「投資家による新興市場(EME)の見直しを促すだろうが、インドへの影響はない」との見方を示した。

12/7/2009


この記事へのトラックバックURL:

http://indonews.jp/mt/mt-tb.cgi/13920

トラックバック一覧(0)