日本語で読めるインドニュース 『インド新聞』

12/18/2009 06:37 AM

 16日付のファイナンシャル・エクスプレス紙(1面)とエコノミック・タイムズ紙(1面)、ビジネス・スタンダード紙(5面)、ビジネス・ライン紙(15面)によると、印商工省のクラール次官は15日、2009年11月の印輸出額が132億米ドルとなり、1年前に当たる08年11月の111億6千万米ドルに比べて18.3%増加したことを明らかにした。世界的な金融危機と同時不況が勃発する直前の08年9月以来、14カ月ぶりのプラス。石油製品の輸出が前年同月比84.6%増(24億米ドル)、宝飾品が同34.4%増(21億5千万米ドル)とそれぞれ急伸したほか、前年同月の水準が低かった反動(いわゆる"Base Effect")が押し上げ要因として作用しているためだ。

 ただし、09年4-11月合計の輸出額は前年同期比22.3%減の1,042億5千万米ドルで、依然として大幅なマイナス。同次官は09-10年度(09年4月-10年3月)全体では1,650-1,700億米ドルにとどまり、08-09年度(08年4月-09年3月)の1,826億米ドルを下回ると予想している。

12/17/2009


この記事へのトラックバックURL:

http://indonews.jp/mt/mt-tb.cgi/14000

トラックバック一覧(0)