日本語で読めるインドニュース 『インド新聞』

12/01/2009 07:02 AM

 シャルマ商工相は27日、ニューデリーで記者会見した際、2009年10月の印輸出額が131億9千万米ドルとなり、1年前に当たる08年10月の141億3千万米ドルから6.6%減少したと発表した。減少率は事前見通しの同11.4%に比べて大幅に縮小。主要出荷先である欧米諸国の景気回復ペースが緩やかなため、08年10月から13カ月連続で前年割れしたものの、落ち込み幅は08年12月以来の一ケタ台にとどまった。

 商品別に見ると、宝飾品や調味料、医薬品、プラスチック、化学製品、綿糸・繊維、皮革などの輸出実績が改善。商工省は輸出額全体も09年内に月次ベースでプラスへ転じ、四半期ベースでも10年1-3月期には1年前の水準を上回ると予測している。ただし、依然として不振が続いている産業もあり、貿易局(DGFT)が業種別の輸出動向を点検中。結果が出るのを待って、政府は12月中にも追加支援が必要な業界向けの対策を打ち出す方針だ。(政府報道情報局=PIB、28日付のビジネス・スタンダード紙=6面、ビジネス・ライン紙=15面、ファイナンシャル・エクスプレス紙=2面、エコノミック・タイムズ紙=7面から)

11/30/2009


この記事へのトラックバックURL:

http://indonews.jp/mt/mt-tb.cgi/13861

トラックバック一覧(0)