日本語で読めるインドニュース 『インド新聞』

11/17/2009 07:20 AM

 14日付のファイナンシャル・エクスプレス紙(1面)によると、印政府は国営企業(PSU)の株式放出リストに60社を掲載した。また、PSUの株式公開(IPO)時に個人投資家の参加を促す政策の検討を開始したようだ。政府はPSUの株式放出の資金を財政赤字の縮小に充てる方針を示している。

 政府は13日、年内の株式公開を目指す国内最大のPSUを発表した。通信会社のバーラト・サンチャル・ニガム(BSNL)、インド鉄鋼公社(SAIL)、インド石炭公社(CIL)が公開を予定。また、インド火力発電公社(NTPC)、地方電化公社(REC)、電力事業を手掛けるサトルジ・ジャル・ビデュト・ニガム(SJVNL)も、今年度中の株式公開を目指す。

 また、個人投資家の参加を促す政策として、追加公募の際に、ディスカウントを提供する案を検討しているようだ。PSUの職員には、最大10%ディスカウントする見込み。

11/16/2009


この記事へのトラックバックURL:

http://indonews.jp/mt/mt-tb.cgi/13735

トラックバック一覧(0)