日本語で読めるインドニュース 『インド新聞』

10/27/2009 08:00 AM

 ジェトロとマディヤプラデシュ州政府は11月10日10時00分から12時25分(受付:9時30分-10時00分)、ジェトロ本部5階展示場(港区赤坂1-12-32 アーク森ビル)で、マディヤプラデシュ州投資セミナーを開催する。

 BRICsの一角、インドのほぼ中央部に位置するマディヤプラデシュ州は、デリー・ムンバイ産業大動脈(DMIC)を構成する6つの州の1つである。主要な大消費地へのアクセスが良好で、国内物流で重要なハブ機能を備えている。加えて、農業資源、鉱業資源にも恵まれていることから、関連産業をはじめ各種産業の集積が始まっている。

 今回のセミナーでは、今後、急速な発展が見込まれるマディヤプラデシュ州について、これまで日本企業の注目を受ける機会がなかった魅力や優れた立地環境を紹介する。

【内容】
開会挨拶
基調講演 :マディヤプラデシュ州産業大臣 カイラシュ・ビジャイバルギヤ 氏
講演1:「インド経済の現状とマディヤプラデシュ州」
 ジェトロ・ニューデリーセンター 調査部長 河野 敬氏
講演2:「資源・ビジネスの宝庫 マディヤプラデシュ」
    州貿易・投資振興公社社長 パラビーン・ガーグ 氏
講演3:「マディヤプラデシュ州での操業経験」
 ブリジストン・インディア 人事総務・ロジスティック担当部長 アジャイ・セベカリ 氏

(ジェトロのイベント情報から)

10/26/2009


この記事へのトラックバックURL:

http://indonews.jp/mt/mt-tb.cgi/13534

トラックバック一覧(0)