日本語で読めるインドニュース 『インド新聞』

10/27/2009 07:29 PM

 日本政府観光局(JNTO)は16日、訪日外客数・出国日本人数に関する2009年7月までの暫定値を発表した。2009年7月の訪日アジア人総数は前年同月比27.4%減の44万9,944人で、大幅減少傾向が継続した。

 7月の訪日インド人は前年同月比9.1%減の4,889人。内訳は、観光客が同4.2%減の1,729人、商用客が同13%減の1,894人、その他が同9.3%減の1,266人だった。

 09年7カ月間(1-7月)の訪日アジア人総数も、前年同期比32.5%減の260万1,010人へと大幅減少した。7カ月間の訪日インド人は前年同期比18%減の3万3,625人。そのうち、観光客が同13.1%減の1万1,800人、商用客が同26.7%減の1万1,821人、その他が同11.5%減の1万4人だった。

 他の諸国と同様、世界金融危機やそれにともなう景気鈍化、新型インフルエンザ流行の影響を受けている。ただ。7月は上半期に比べると前年同期比減少率が縮小している 。(09年10月26日の日本政府観光局=JNTOプレスリリースから)

10/27/2009


この記事へのトラックバックURL:

http://indonews.jp/mt/mt-tb.cgi/13538

トラックバック一覧(0)