日本語で読めるインドニュース 『インド新聞』

10/13/2009 07:36 AM

 10日付のビジネス・ライン紙(15面)とエコノミック・タイムズ紙(7面)によると、シン首相は9日、2009-10年度(09年4月-10年3月)の印実質国内総生産(GDP)成長率を前年比6.3-6.5%と予想した。

 08-09年度(08年4月-09年3月)実績の同6.7%はわずかに下回るものの、堅調な伸びが続く見通し。海外景気の反発力は弱く、国内でも南西モンスーン(雨期)の降雨量不足による悪影響が懸念される中、印経済は底堅く推移するとの見方だ。同相はハイデラバードで記者団に対し、「我が国の経済はよくやっており、09-10年度の成長率は予測の範囲内に着地するだろう」と語った。

 ただし、国際協調の下で実施されている景気刺激策は継続すると強調。「労働と資本の完全雇用状態が達成されるまで内需のテコ入れ措置は必要であり、インフレ懸念が高まっているものの、現段階で解除するつもりはない」と述べた。

10/12/2009


この記事へのトラックバックURL:

http://indonews.jp/mt/mt-tb.cgi/13370

トラックバック一覧(0)