日本語で読めるインドニュース 『インド新聞』

10/20/2009 07:13 AM

 19日付のビジネス・スタンダード紙(9面)によると、準備銀行(RBI)の統計で、2009年4-8月期のデビット・カードの利用額が前年同期と比べて、40%増加したことが分かった。同期間中の利用総額は、991億1千万ルピーとなった。世界的な金融の安定化、および国内景気の回復の兆しと経済成長の加速が背景。

 一方でクレジット・カードの支払額は、2,442億7千万ルピーと、同12%の減少となった。利用者が、景気の低迷を背景に、カードの利用を控える傾向が明らかとなった。クレジット・カード業界では、08年11月から支払額の減少が始まり、歯止めがかかっていない。

10/19/2009


この記事へのトラックバックURL:

http://indonews.jp/mt/mt-tb.cgi/13453

トラックバック一覧(0)