日本語で読めるインドニュース 『インド新聞』

10/12/2009 07:41 AM

 アジア開発銀行(ADB)は月9日、「日本特別基金(JSF)からADBを通じて、インド・カルナタカ州道路網改善戦略の技術支援として150万米ドル相当が支出される。インド中央政府も37万5千米ドルを拠出する」と発表した。

 これらの拠出資金は、カルナタカ州の今後10年間の道路整備計画作成などに充当される。ADBは、インドのインフラ整備資金融資という直接的な支援とともに、今回の日本特別基金の活用による官民協力体制推進支援という側面支援も多方面から行っている。

 なお、日本特別基金(JSF)は1988年3月に設立され、ADBの開発途上加盟諸国に対し、プロジェクトの準備、あるいは技術や政策に関する調査研究の実施や地域の協力推進を支援するため、無償資金の供与を行っている。全額が日本政府の拠出金を財源とし、アンタイドの無償援助を供与する特別基金として、アジア太平洋地域の多くの人々が苦しむ貧困の撲滅に向けたADB の努力を支援している。(09年10月9日のアジア開発銀行プレスリリースなどから)

10/9/2009


この記事へのトラックバックURL:

http://indonews.jp/mt/mt-tb.cgi/13350

トラックバック一覧(0)