日本語で読めるインドニュース 『インド新聞』

09/14/2009 07:22 AM

 国連貿易開発会議(UNCTAD)は9日、投資開発報告書2009年版を発表した。途上国における海外就労者からの送金額は、07年に22.7%増と大幅増加したが、08年は8.8%増に鈍化、09年は5%減少とマイナスに転ずる見込み。世界景気の悪化が影響している。

 08年国別ランキングのトップはインドで、前年比27.6%増の450億ドル(対GDP比3.7%)。2位は中国で同5%増の345億ドル(対GDP比0.8%)、第3位がメキシコで同3.4%減の262億ドル(同2.4%)、第4位がフィリピンで同12.1%増の182億6,800万ドル(対GDP比10.8%)、第5位がナイジェリアで同8.2%増の99億7,900万ドル(対GDP比4.7%)だった。(09年9月9日の国連貿易開発会議発表から)

09/11/2009


この記事へのトラックバックURL:

http://indonews.jp/mt/mt-tb.cgi/13053

トラックバック一覧(0)