日本語で読めるインドニュース 『インド新聞』

09/02/2009 10:05 PM

 インド観光省は太平洋アジア観光協会(PATA)インド支部およびスカンジナビアの地元PATA支部と協力して8月25日から28日までヘルシンキ(フィンランド)、ストックホルム(スウェーデン)、オスロ(ノルウェイ)で説明会を開催した。観光地としてのインドを紹介し、スカンジナビアから多くの観光客を呼び込むのが狙い。

 派遣団(団長:セルジャ観光相兼住宅・都市貧困開発相)のメンバーは、観光省職員、PATAインド支部職員、およびツアー業界、ホテル業界、航空業界の代表者ら。

 出席したツアー手配会社の数は、ヘルシンキで49社、ストックホルムで54社、オスロで45社だった。各会場では説明会の後、ビジネスミーティングが2時間超にわたり行われた。(09年9月1日インド観光省発表から)

09/02/2009


この記事へのトラックバックURL:

http://indonews.jp/mt/mt-tb.cgi/12933

トラックバック一覧(0)