日本語で読めるインドニュース 『インド新聞』

08/10/2009 07:38 AM

 インド民間航空省の発表によると、過去5年間に外国航空機のインド発着回数は週単位で約85%増加した。外国航空会社のインド発着回数は2004年夏には週に711回だったが、09年夏までに同1,315回に増えた。それに伴い、乗客数も1,400万人から2,700万人へと90%強増加した。

 国際航空業務に関する運輸権(航空機乗り入れ権利)は海外諸国との二国間航空協定に規定されている。同協定は国の基本原理と相互利益に基づいたもの。自由な相互乗り入れはインドの航空会社に商業機会を拡げるとともに、国際線サービスの拡大につながり、旅行者に利益をもたらす。(09年8月6日のインド民間航空省発表から)

08/07/2009


この記事へのトラックバックURL:

http://indonews.jp/mt/mt-tb.cgi/12604

トラックバック一覧(0)