日本語で読めるインドニュース 『インド新聞』

08/19/2009 06:27 PM

 19日付のファイナンシャル・エクスプレス紙(1面)によると、政府は地方在住の労働者を活用して、全国に光回線を敷設するようだ。

 敷設する予定の光回線は、全長120万キロメートルで、今後5年をかけて4千億ルピーを投入する。しかし、事業費の大半は人件費。そこで政府は、全国農村雇用スキーム(NREGA)で雇用する賃金の低い労働者を動員することで人件費を削減するという。世界銀行の調べによると、ブロードバンド・サービスが10%伸びると、国内総生産(GDP)が1%成長するといわれている。

08/19/2009


この記事へのトラックバックURL:

http://indonews.jp/mt/mt-tb.cgi/12740

トラックバック一覧(0)