日本語で読めるインドニュース 『インド新聞』

07/23/2009 07:14 PM

 インドは、東京・有明の東京ビッグサイトで7月22日から24日まで開催されている「JFWインターナショナル・ファッション・フェア」に参加し、マラン繊維相がインド・パビリオンの開幕式を主導した。

 インド・パビリオンでは、デリー、ノイダ、ジャイプール、ムンバイ、コルカタ、バンガロール、ティルプル、バラナシ、モハリ、ルディアナの繊維製品・衣料製品輸出業者44社が50のブースで製品を展示。アパレル輸出振興評議会(AEPC)、合成・レーヨン繊維振興評議会(SRTEPC)、綿織物輸出振興評議会(TEXPROCIL)の3団体が同フェアに参加している。

 開幕式後、マラン繊維相は日印ビジネス協力委員会(JIBCC)主催の「成長を続ける繊維産業の現状と投資機会」に関するビジネス会合で演説し、日本の繊維業界に織物製造、縫製、繊維機械工場設立、人造繊維糸分野でインドの繊維産業と協力しインドのアパレル業界とブランド・エクイティ(ブランドの資産価値)を作り上げるよう求めた。(09年7月22日インド繊維省発表から)

07/23/2009


この記事へのトラックバックURL:

http://indonews.jp/mt/mt-tb.cgi/12335

トラックバック一覧(0)