日本語で読めるインドニュース 『インド新聞』

07/02/2009 08:17 PM

 2日付のPTI通信によると、政府は1日、総額8億4,900万ルピーに相当する21件の外国直接投資(FDI)案件を認可した。

 投資額の大半は、世界最大手のドイツの化学会社BASFによる印企業買収案件が占めるようだ。BASFは印製薬会社Ciba Indiaの20%の株式を公開取得する予定。投資額は6億3千万ルピーが見込まれている。

 一方、政府はFDI促進委員会の勧告を受け、14の案件を延期した。中にはVijay Mallya傘下のUnited Breweriesが70億8千万ルピーを転換社債で調達する案件が含まれていた。ベンチャーファンドのIndia Rizing Fundがインドの防衛部門に基金を創設する案件も、新FDI審査基準に照らし先送りされた。通信大手であるBharti Telemedia、Tata Teleservices、NTTドコモの3社の案件が含まれる7件も却下された。

07/02/2009


この記事へのトラックバックURL:

http://indonews.jp/mt/mt-tb.cgi/12006

トラックバック一覧(0)