日本語で読めるインドニュース 『インド新聞』

06/30/2009 07:31 PM

 30日付のビジネス・スタンダード紙(第2部 1面)によると、投資信託運用会社は、超小口投資家向けの投資信託の提供を拡大しているという。

 UTI投信は、約15万人の顧客から毎月50ルピーから200ルピーを受け取り、運用している。インド・ステート銀行(SBI)の関連会社SBI投信は4月に販売を開始し、リライアンス投信も100ルピーから投資可能な投信を提供している。

 また、サハラ投信は、毎日10ルピー以上から投資可能な投信を証券取引委員会(SEBI)に申請している。

 UTI投信の残高は、500万ルピーを超え、SBI投信には3万人の顧客が投資しているという。リライアンス投信は、毎月平均2万5千から3万口座を開設しているという。

06/30/2009


この記事へのトラックバックURL:

http://indonews.jp/mt/mt-tb.cgi/11971

トラックバック一覧(0)