日本語で読めるインドニュース 『インド新聞』

06/22/2009 07:16 PM

 21日付のビジネス・ライン紙(1面)とビジネス・スタンダード紙(5面)、ファイナンシャル・エクスプレス紙(3面)、エコノミック・タイムズ紙(8面)によると、インド準備銀行(中央銀行、RBI)のスバラオ総裁は20日、需要の落ち込みで物価が下落するデフレーション(デフレ)に印経済が陥っている可能性を否定した。

 18日に発表された6月6日で終わる週の卸売物価指数(WPI)が前年比1.61%低下し、35年ぶりのマイナスに転じたことを受けた発言。

 総裁はプネで講演し、「印経済は需要の後退に直面しておらず、デフレの懸念もない。WPIの水準が前年割れしたのは景気減速のためというよりも、統計上の理由によるものと理解すべきだ」と指摘。その上で、「WPI上昇率は2010年3月までには前年比4%程度へ戻るだろう」と予測した。

06/22/2009


この記事へのトラックバックURL:

http://indonews.jp/mt/mt-tb.cgi/11874

トラックバック一覧(0)