日本語で読めるインドニュース 『インド新聞』

06/30/2009 07:39 PM

 30日付のファイナンシャル・エクスプレス紙(2面)とビジネス・スタンダード紙(5面)、ビジネス・ライン紙(15面)によると、経済諮問委員会(EAC)のテンデュルカル委員長は29日、モンスーン(雨期)の到来にこれ以上の遅れが生じないとの条件付きで、2009-10年度(09年4月-10年3月)の印実質国内総生産(GDP)成長率を前年比7%と予測した。

 ニューデリーで開かれた「統計の日」記念式典で発言したもの。委員長は、「モンスーンの遅れは今のところ重大な懸念要因ではないし、印経済に深刻な影響を及ぼすとも考えていない。景気は9月から回復を始める見通しだ」と語った。

06/30/2009


この記事へのトラックバックURL:

http://indonews.jp/mt/mt-tb.cgi/11975

トラックバック一覧(0)