日本語で読めるインドニュース 『インド新聞』

06/10/2009 06:16 PM

 シン首相は9日、国会で答弁に立ち、印実質国内総生産(GDP)成長率が今後2-3年で前年比8-9%に回復するとの見方を示した。国内貯蓄率がGDP比35%と高く、成長の加速に必要な資金を十分に供給できるため。2009-10年度(09年4月-10年3月)の成長率については、世界同時不況が続く中でも同7%は達成可能と予想した。

 また、成長力の強化に向けた重点分野としてインフラの整備を挙げ、インフラ部門に対する公的支出の拡大を提案。国営企業(PSU)株の売却を通じた財源確保を改めて提唱するとともに、成長の成果を全国民に公平に分配する狙いで、教育や保健衛生、環境保護などを対象とした政策プログラムの推進が不可欠と訴えた。(政府報道情報局=PIBのウェブサイト、10日付のビジネス・スタンダード紙とビジネス・ライン紙、ファイナンシャル・エクスプレス紙=各1面から)

06/10/2009


この記事へのトラックバックURL:

http://indonews.jp/mt/mt-tb.cgi/11765

トラックバック一覧(0)